OCD 理解の知識


OCD 強迫性障害・強迫神経症の説明

OCD(Obsessive- Compulsive Disorder)・・・強迫性障害(強迫神経症)

DSM-Ⅳ(『精神失調の診断と統計の手引き』第4版)における精神の失調のひとつ。強迫症状と呼ばれる症状に特徴付けられる不安障害。
ある考えがしつこく付きまとって離れず、どうしても何かをせずにいられなくなるという特徴的な症状が出る。
一番多いのは、手を洗わずにはいられない(汚い、危険な病原菌に汚染されているという考えに襲われる)次に、確認せずにはいられない(電気やガスのスイッチを切ったか、ドアの鍵をかけ忘れていないか、その他なにかし忘れているのではないかという不安にかられる)

意識では不合理だと自覚していることが多く、止める必要を感じていても、強迫観念から逃れられず、強迫行為をやめることができない。そして、どんなに繰り返し強迫行為を行っても、不安や不快感を消し去ることができないところに、この病気のつらさがある。

それが不合理なことだとわかってはいるが、繰り返し生じる不安な考えやイメージ(強迫観念)を打ち消すために、様々な行為(強迫行為・儀式)を行ってしまうことが多い。そのために多くの時間やエネルギーを費やし、時には日常生活を行うのにも支障が出てしまう。

強迫観念=ある(嫌な、避けたい、無意味な言葉や数字‥)本人の意思とは無関係に心の中に勝手に繰り返し起こる不快感や不安感を生じさせる考えやイメージのこと。  強迫観念の内容の多くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し、強迫性障害の患者の場合は、ある観念にこだわり長く引きずるために強い苦痛を感じている。
強迫行為=強迫観念を打ち消すためや振り払うために行われる様々な行為。強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が伴うためになかなか止めることができない。その行為は、周囲から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの意味付けが生じている場合が多い。また、その行為の順序が儀式化されることもある。(強迫儀式) 
強迫観念、強迫行為の両方が存在して、強迫性障害と診断される。
具体的な強迫行為がみられない場合があっても、しかし、心の中で数を数えたり、言葉を繰り返すなど、精神的な強迫行為を行っていることがある。あるイメージや単語、数字、音楽などが頭の中にうずまき、打ち消すことができません。(純粋強迫観念)

■汚染→洗浄 (不潔恐怖・不潔強迫)

*手の汚れが気になり、手がばい菌などに汚染されていると感じ、または単に気になり何度も手を洗ってしまう。 体の汚れが気になる場合は、何度もシャワーを浴びる。一個の固形石鹸を使い切るまで洗い続けたり、回数を決めてい場合もある。
*トイレや、外から帰った時、その汚れや汚染が衣服などを介して部屋のあらゆる場所に付くことをおびえる。トイレに行くたびに服を着替えたり、身体や部屋を除菌したり、徹底的に掃除をしなくては気がすまなくなる。外から持ってきたものを洗浄後でないと部屋の中に置けない場合もある。外に出るだけで汚染されると感じるため、出かけられなくなり、引きこもりになってしまう場合もある。
*汚染されたと感じているものに触れたものも汚染されてしまったと感じて洗浄しようとする。
*本人にとって不潔とされるものを触ることが強い苦痛となるため、逆に身体や物に触れたり清掃することができずに、かえって不衛生な状態に発展する場合もある。

■懐疑→確認 (確認行為・確認強迫)

*外出や就寝の時、ドアに鍵をかけたか、ガスの元栓を閉めたか、部屋の電気を消したか、閉じまりがちゃんとできているかなど不安になり、何度も繰り返し確認する。 火事や泥棒が入るのではないかと不安になり、外出できない場合もある。
*自分が行った行為や態度、発した言葉や表情などにこだわり、相手にどのように受け取られたかを気にしてくよくよと悩む。または、何年も前のことであっても、ずっと引きずったり、思い出して恥ずかしがったり後悔したり、恨みに思ったりする。
*本を読む時、行を飛ばして読んだのではないか、ちゃんと意味を理解しているのだろうかと気になり、何度も戻ってしまうので、本を読むことが苦痛になってしまう。
*いずれも、一度確認してもまた不安になり、何度も確認行為を繰り返す。

■加害恐怖

*自分では気づかないまま、他人に危害を加えてしまう事を異常に恐れる。例えば、車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いてしまったのではないかと不安

になり、車を止めて確認したり、そこに倒れて怪我をしている人がいなかったとしても、自分が気付かないうちに誰かが病院に運んだのではないかとか、非現実的な観念に悩み苦しむ。

*道を歩いている時に、すれ違う人に危害を加えてしまうのではないかという思いが生じる。常軌を逸した行為をするのではないかという恐怖も含まれる。 すれ違う人が、苦痛の表情をしなかったか、もししていたら、自分が何らかの危害を加えたに違いないと思い込む。
*家族を傷つけるのではないかという考えが繰り返し起こり、それを回避するために包丁やナイフなどを遠ざけ、家族とも触れ合うことを避けるようになる。

■被害恐怖

*自ら自分自身に危害を加えられること、あるいは自分以外のものによって自分に危害が及ぶことを異常に恐れる。例えば、部屋の中に、ナイフなどの刃物や鋭利なものがあると、自分自身をそれで傷つけてしまいそうな気分になったり、机などの角に意識がいくと、転んでその角で怪我をするのではないかと苦しむ。
自分が自殺してしまうのではないかと異常に恐れたり、死ぬことに対して脅える。

■疾病恐怖

*テレビや書籍などで、病気の情報に触れると、自分が同じ病にかかっているのではないかと気になったり、不治の病などにかかってしまうのではないか、もしくは、かかってしまっているのではないかと恐れる。

*エイズウイルスへの感染を心配し、血液などを異常に恐れたり、過去に感染してしまっていて、気付かないまま人にも感染させてしまってはいないかと罪悪感に悩む。

■縁起恐怖 (縁起強迫)

*自分が信じている宗教観に反して、不道徳な行いをしてしまうのではないか、もしくは、してしまったのではないかと恐れる。さらに自分を律して、このままでは罰が当たると思い込みいろんな強迫行為を行うようになる。

*ある時思いついた特定の行為(ジンクス)を行わないと病気や不幸などの悪い事が起きるという強迫観念に苛まれる。それは自分にというより、家族に起こることを恐れて真剣に繰り返される。例えば、階段や敷居をまたぐときに決まった足から踏み出すことや次の電柱まで偶数の歩数で歩かなければいけないなどこだわり、それがうまくいかなかったら何度もやり直すので自然に歩くことができなくなる。
*4や9など、ある数字が不吉に感じられ、その数を避けたり、どんな行為もその数字の回数になることを避けて実行しようとします。幸運と感じてこだわる数はその回数をくり返したりしてしまう。
*自分の子供や家族が病気や怪我をすればいいという考えが頭をよぎり、一番恐れていることを考えている自分を恐れ、恥や罪悪の意識を持つ。その観念を打ち消し、決してそんなことが起きない為にと強迫行為(ジンクスや祈り)を行う。しかし、そのような考えをしてしまった自分を責めながら、自己の異常な心を悩む。

■順序と左右対称 (不完全恐怖・不完全脅迫)

*入浴やお皿を洗ったり、服の脱着などの行為において、それを行う順序が決まっていて、その順序通りに行わなければ不安が生じ、ちょっとでも手順を間違えると最初から何度もやり直しをするため、ひとつの行為に長時間を費やし疲れる。
*自分の秩序によって、物の位置を決めて並べたり、左右対称でないといけなかったり、気が済む位置に配置できていないと不安を感じ精神の安定感を欠く。例えば、家具やテーブルの上にある物が自分の定めた場所に置かれていないと落ち着かなく、これを常に確認したり直そうとする。

*仕事において、書類などに誤りがないかとか、間違った処理をしていないかなど執拗にとらわれるため、何度も確認し、多くの時間を費やす。仕事がはかどらなく、周囲から責められたり、自らを責めて苦しむ。

■保存強迫

*いつかまた使うかもしれないもの、または後で役に立つものを捨ててはいけないという思い込みから、古新聞、雑誌、不要品などを家に貯めこんでしまう。本人は不要なものだとわかっているが何故か捨てることができずに、自分の思考と行動の矛盾に思い悩む。

■回避

*強迫観念や強迫行為は常に患者を苦しめ疲弊させるため、患者は強迫症状を引き起こすような状況を避けようとして、外に出なくなったり、人との関係を避けようとする。それは生活の幅を狭めることになる。これを回避と呼ぶ。重症になると家に引きこもったり、ごく狭い精神的に安全な範囲でしか生活しなくなることがある。
こうなると、強迫観念と行為で苦しむだけではなく、回避は患者の社会生活を阻害して、仕事や学業を続けることが困難となる深刻な影響が出る。こうした生活全般への影響から、患者の3分の2にうつ症状が併発している。

■巻き込み

*OCD患者は、初期のうちは自分の強迫観念や強迫行為を自覚していなかったり、人に知られないように隠して過ごしていることも多い。しかし、症状の悪化に伴い、強迫行為が自分自身の行為で収まらず、家族や親しい友人に懇願したり強要したりする場合が出てくる。これを巻き込み、または巻き込み型という。これにより、患者のみならず周囲も強迫症状の対応に疲れきってしまうことがある。
巻き込まれた周囲の人は、「こういう言葉を自分に対して言ってくれ」とか「このような行為を自分に変わって行ってくれ」などと強要され、強迫行為を手助けしなくてはならなくなる。
巻き込みのように、周囲が患者の強迫行為を手伝うこと(患者にかわって何かを洗ったり、掃除したり、誤りがないか確認するなどの行為)は患者の病状の改善には繋がらず、かえって悪化させることが明らかになっているため、極力避けなければならない。ただ、これを急にやめるのではなく、家族や治療者が協力を止めることの必要性を患者に理解させながら、徐々に巻き込みを止めていく必要がある。

ページの先頭へ